リニューアル工事


マンションの廊下や出入り口には、夜や停電時などでも円滑に非難できるように誘導灯が設置されています。
この誘導等には適正交換時期が日本照明器具工業会より定められており、交換の目安は8年〜10年で耐用の限度としましても約12年となっております。
1999年10月1日、消防法改正により、高輝
度誘導灯(コンパクトスクエア)が設置可能にな
りました。それにより誘導灯の大きさが緩和される
など小型化傾向が進展し、誘導灯でも省エネ
する時代がますます本格化しています。

  1. 1.消費電力が従来型より73%カット
  2. 2.ランプの寿命が約10倍の60.000時間
    (約6年)とアップ(下記参照)
  3. 3.高い輝度が得られる冷陰極ランプを使用する
    ことにより表示面積が従来品の約1/3の
    サイズと薄型で大変スッキリ(右写真参照)
※施行台数が多い場合、単価を下げた価格を設定することが可能になり、
コストダウンを図ることが可能です。