消防設備点検


毎年火災により多くの尊い人命と多額の財産が失われています。
被害を最小限にとどめるためには防火管理体制を強化することはもちろんですが消防設備の能力が有効に発揮できることが不可欠と思われます。 そのため、消防法第17条3の3では消防用設備等について、自治省令で定めるところにより、 制令で定めるものにあたっては消防設備士免状の交付を受けている者又は自治大臣が認める資格を有する者に、 年2回の消防設備点検(機器点検と機器総合点検を半年に1回の周期)を定期に実施し、その結果を消防長又は消防署長に報告するよう義務づけられています。
当社の点検もこれに基づいて行っており火災予防上、大変重要な設備が非常時において充分機能される様、細心の注意を払って点検を行っています。

消防設備の種類

  • 消火器点検
    消火器点検
  • 避難ハッチの作動確認
    避難ハッチの作動確認
  • 警報盤の絶縁測定
    警報盤の絶縁測定
  • 誘導灯
    誘導灯バッテリーチェック
  • 自火報設備感知器点検
    自火報設備感知器点検