給排水劣化診断調査


劣化診断の必要性

給排水設備は快適なマンションライフを維持するために非常に重要な役割を担っています。
近年、竣工時から約10〜15年以上が経過するマンションの配管設備においては、内部の腐食による老朽化や劣化が相当進行しているケースが数多く見受けられ、漏水・給水不良等のトラブルが発生しています。
そこでトラブルを未然に防止する為にも、ファイバースコープ等の機器を用い、配管内の劣化の程度や損耗度を調査し、劣化状況を正確に把握することが必要となります。
給排水劣化診断調査で得られた精密なデータは最善かつ経済的な改修工事計画立案も可能とします。
永く快適で安心なマンションライフの為に、給排水設備劣化診断調査を、是非お勧め致します。

設備劣化診断調査 実績はこちら

  1. 超音波肉厚測定調査
    超音波を使った調査で、現在の劣化状況を確認することができる超音波肉厚測定調査のご紹介です。
  2. 給水管内サンプルムービー
    普段は見られない給水管内をファイバースコープを使って撮影した動画を見ることができます。