貯水槽清掃


マンションにおける設備の維持管理において、山本環境整備(株)は予防保全の観点から維持管理に努めております。各施設における貯水槽の役割は、水道事業体より供給された水を一時的に受水槽に貯め、加圧給水ポンプにより各住戸の給水栓へ供給することで安定した給水圧力と水量を確保することです。ここで水道より供給される給水は清澄で異臭味なく、常に衛生学的に安全なものを豊富に、しかも経済学的に供給されねばならない、という三大原則はビル、マンションにおける給水設備にも共通する要件であることから、衛生管理のために水道法に定められた簡易専用水道の清掃方法に基づき行うものです。

【清掃方式】
貯水槽清掃用洗剤を用いて内部を清掃した後、高圧洗浄機により洗浄(0.4〜0.8Mpa)・消毒します。
【計画の作成】
作業内容は、水槽容量の大小、設置場所、形状、建物の種類等により若干異なりますので、あらかじめ調査を行い現場の状況を把握し施設台帳 を作成した後、適切な作業計画を作成します。
■貯水槽(パネル式)の清掃前と後の例■
貯水槽

写真の上にマウスを置いてください。清掃後の写真が表示されます

貯水槽

写真の上にマウスを置いてください。清掃後の写真が表示されます