熱中症の種類について
 
熱中症とは…
炎天下や暑熱環境での作業やスポーツ活動中に発生する障害の総称です。
体内の熱が外に出ずにこもってしまい、熱がたまることによって、引き起こされる
様々なからだの不調のことで、以下の4つに分類されます。
熱失神
皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少しておこるもので、めまい、失
神などがみられます。顔面そう白となって、呼吸回数の増加、唇のしびれなどもみ
られます。脈は速くて弱くなります。
熱疲労
大量の汗をかき、水分の補給が追いつかないと脱水がおこり、熱疲労の原因となり
ます。脱水による症状で、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などがみられま
す。
応急処置
涼しい場所に運び、衣服をゆるめて寝かせ、水分を補給すれば通常は回復します。
足を高くし、手足を末梢から中心部に向けてマッサージするのも有効です。
吐き気やおう吐などで水分補給ができない場合には、病院に運び、点滴を受ける必
要があります。
熱けいれん
大量に汗をかいたときに水だけしか補給しなかった場合、血液の塩分濃度が低下し
てしまい、足、腕、腹部の筋肉に痛みをともなったけいれんがおこります。
応急処置
生理食塩水(0.9%)を補給すれば、通常は回復します。
熱射病
体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害(応答が鈍い、言
動がおかしい、意識がない)が特徴で、頭痛、吐き気、めまいなどの前駆症状やシ
ョック状態などもみられます。また、全身臓器の血管がつまって、脳、心、肺、肝
、腎などの全身の臓器障害を合併することが多く、死亡率も高くなります。
応急処置
死の危険のある緊急事態です。いかに早く体温を下げて意識を回復させるかが予後
を左右するので、直ちに冷却処置を開始し集中治療のできる病院へ一刻も早く運ぶ
必要があります。
頸部、腋下(脇の下)、鼠径部(大腿部の付け根)などの大きい血管を直接冷やすな
ど方法も効果的です。循環が悪い場合は、足を高くし、マッサージをします。
応答が鈍い、言動がおかしいなど少しでも異常がみられる時には重症と考えて処置
しましょう。とっさの場合、近くに十分な水が見つからない時の効果的な体の冷却
法として、水筒の水、スポーツドリンク、清涼飲料水などを口に含み、患者の全身
に霧状に吹きかけてください。全身にまんべんなく吹きかけることにより、汗によ
る気化熱の冷却と同じような効果をもたらします。これらの液体は、冷たい必要は
ありません。